JAの営農事業は、地域農業の振興と組合員の生活の向上を最大の目的としています。
組合員の営農活動がより合理的・効率的に行われるよう、営農技術・経営改善指導に取り組んでいます。また、組合員が生産した農畜産物をより有利に販売する方法の模索にも力を入れています。

営農事業は、地域における農業生産力の維持・拡大を通じて、地域社会の発展に貢献するJAの事業の中でも最も重要な事業です。

最新情報

2017/07/10 生産者の方へ 【壬生地区】無人ヘリによる水稲共同防除のお知らせ
2017/07/03 生産者の方へ JAしもつけが行う銘柄検査について
2016/10/01 生産者の方へ 平成28年産JA直売米等の流通経費見通し
2016/06/01 生産者の方へ JAしもつけが行う銘柄検査について
2014/09/03 生産者の方へ 銘柄検査について

「生産者の方へ」のご案内をすべて表示

営農指導事業

営農指導事業

JAの営農指導事業は、単に技術指導を行うだけでなく、農業経営の技術・経営指導、農畜産物市場の情報提供、新しい作物や技術の導入等、組合員の営農支援のための活動等を幅広く行っています。
そのなかで、農業の技術・経営や農畜産物販売について農家の相談相手になり指導を行っているのがJAの営農指導員です。
「営農指導員はJAの顔」と言われるように、営農指導員はJAと農家を結ぶパイプとして重要な役割を果たしています。

販売事業

販売事業

組合員が生産した農畜産物をJAが集荷して販売することを販売事業と呼んでいます。組合員が作ったものをどう有利に販売するかは、組合員の所得を高めることにつながる重要な事業です。
多様化する消費者の皆さまのニーズに応じた農産物を安定的に提供できるよう、生産・販売体制の強化に取り組んでいます。

直売所一覧

購買事業

購買事業

肥料、農薬、保温・包装資材などの農業生産資材や食品、日用雑貨用品などの生活物資を共同購入し、組合員へ安定的な提供を行っています。

生産資材店舗一覧

施設利用事業

施設利用事業

組合員が個人では持てない施設を共同で設置し、共同で利用するのがJAの施設利用事業です。
JAしもつけでは、ライスセンター・水稲育苗センター・種子センター・トマト選果場・ニラ包装予冷施設・イチゴ無病苗増殖施設等の運営を通して、より円滑で効率的な生産活動を後押しします。

ページの先頭に戻る